万一のときに警察官のような一般をスルー

ご一家のどなたかが家出をしたという場合には、まずは警察官に家出やつ研究願を押し流すことをおすすめします。中には、警察官をスルーしてストレート探偵社や興信所など、警察官よりも専用性が厳しい有識者に検証を依頼するほうが好ましいとする主張がありますが、いずれにしても警察官に家出やつ研究願は出しておいたほうが良し場合が多いです。

実際、警察官への家出やつ研究願をスルーするというのは、飽くまで探偵社や興信所立場の期待であって、本来であれば、手続きの必要こそ起きるわけではありませんが、万一のときに警察官のような一般をスルーすると、先々事がスムーズに運ばなくなってしまうことも想定されますので、こういう意味で、いちおう形式的なものではありますが、警察官への家出やつ研究願の発表はしておいたほうがよいでしょう。

警察官に家出やつ研究願を出したとしても、その家出に一大事性がない限り警察官は動いてくれないというような発言を随時耳にしますが、これは厳密にはまさしくありません。というのも、「家出」である以上、よほど明確な事情がわかっていない以上、一大事性を伴わない家出などほとんど存在しないからだ。

ですから、「一大事性がない家出では警察官は動いてくれない」のではなく、「極めて一大事性が良い家出でなければ警察官は動いてくれない」というほうが規則正しいことになります。警察官が実に働くのは、その家出に違反とのかかわりのリスキーが硬い際や、残念ながら家出人のほうが不幸な形で発見された際にのみであるということになります。

これが、「家出やつ研究願はあくまでも形式的なものである」とおっしゃる根拠になります。勿論警察官だって、家出やつ研究願が発表された以上はそれなりの動きを見せますが、その演技というのは、一般的な原因不明の家出です場合には、DBに要領を記入するだけにとどまります。

だいたいその事実を知っていて、警察官に家出やつ研究願を出しただけで家出やつを発見することができるとおもうやつはいないでしょう。ですから、その事実をわかるやつは、警察官に家出やつ研究願を提出した上に、探偵社や興信所の門をたたいて、こちらで真剣に相談に乗ってもらうというケースが圧倒的に多いです。

探偵社や興信所が、警察官への家出やつ研究願の発表を忌み嫌うのは、警察官がもしもなんらかの具体的な動きを見せたときに、自分たちの調査の妨げになることを懸念しているケースが多いからであると言われます。
BABY葉酸~ママのめぐみ~の公式ページはこちら

万一のときに警察官のような一般をスルー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です